NEWS

増田立義園長の家族構成は?父親は茶工場経営で息子は川崎幼稚園の事務長だった?

静岡県の牧之原市でおきた幼稚園バス3歳児置き去り事件。

去年も福岡県にて同様の事案があったばかりに、とても悲しく悔やまれる思いです。

今回の件について、事件のあった川崎幼稚園の増田立義園長は、辞任をするとの意向を保護者説明会で表明したとのこと。

家族経営であるといわれている川崎幼稚園ですが、園のトップでもある増田立義園長(理事長)の人物像、さらに家族構成はどのようなものなのでしょうか?



増田立義園長の人物像と経歴

増田立義園長は、静岡県牧之原市にある認定こども園『川崎幼稚園』の園長兼理事長を務める人物です。

川崎幼稚園のホームページでは、増田立義園長の簡単な経歴も記載されています。

  • 名前:増田立義(ますだ たつよし)
  • 生年月日:昭和24年生まれ
  • 昭和43年:榛原高等学校 卒業
  • 昭和47年:専修大学経営学部 卒業
  • 平成11年:浪速短期大学通信教育学部保育科 卒業

年齢については公表されていませんが、昭和24年生まれということや報道されている情報から現在73歳であるということが分かります。

そして、出身高校が牧之原市にある榛原高校であることから、出身も牧之原市やその近辺の菊川市や吉田町あたりではないかと。

増田立義園長の人物像については、長く付き合いのある友人いわく『父親と正反対の芯がなくいいかげんな性格』なんだそう。

いわば立義(増田立義園長)はボンボン。子供の頃からズボラな性格だったので、水戸黄門の『うっかり八兵衛』ならぬ『ええからげん(=いい加減)八兵衛』と呼ばれていました。

引用:Yahoo!ニュースより

知人のあいだでは『あいつが園長?大丈夫なのか?』といった心配もされていたようです。

反対の性格と言われる父親は海軍兵学校出身の厳しい方で、「親を大事にしろ」「いじめはダメだ」と子供には指導してきたとのこと。

友人の方からはボンボン気質とも言わているそうですから、幼少から経済的に裕福な家庭で育ったという可能性は高そうです。



増田立義園長の家族構成は?

川崎幼稚園の園長兼理事長を務める増田立義園長(理事長)、その家族構成はどうなっているのでしょうか?

現時点での情報から、

  • 父親
  • 増田立義園長
  • 息子

という少なくとも3人家族である可能性が考えられます。

増田立義園長の父親は初代理事長で茶工場の経営者でもある?

まず増田立義園長の父親についてですが、文春の記事よると茶工場(お茶の工場)を経営されていることが分かっています。

牧之原市はお茶の産地としても有名ですから、代々の家系も茶工場を営んでいたのではないいかと。

そして、牧之原市には数多くの茶工場がありますから、増田立義園長の父親が経営されている茶工場がどこなのか?という点について特定は難しいと思われます。

そんな茶工場を経営されている増田立義園長の父親ですが、実は川崎幼稚園の初代理事長でもあります。

文春によれば、1976年に延長になった父親の後を継いでいるとのことですから、増田立義園長は2代目の園長兼理事長ということに。

川崎幼稚園のホームページでは、

  • 昭和51年4月:川崎幼稚園 設置者兼園長 増田秀夫
  • 昭和55年3月:学校法人榛原学園設立 初代理事長 増田秀夫
  • 平成14年8月:理事長 増田立義 川崎幼稚園設置者兼園長 増田立義

といった記載もありますから、増田立義園長の父親は増田秀夫さんという方だということが分かります。

改めて考えてみると、父親は茶工場の経営だけでなく川崎幼稚園の初代園長兼理事長も務めていた方なので、いわゆる『お金持ち』の家庭だったというのは間違いないかもしれません。

増田立義園長の友人がボンボンと称する由縁もそういった部分かもしれませんね。



増田立義園長の息子は川崎幼稚園の事務長だった?

続いて増田立義園長の息子についてですが、実は川崎幼稚園に『増田太朗』という事務長が在籍されているとのこと。

同じ『増田』という性、そして事務長という役職の点から増田立義園長の息子である可能性が考えられますが、実際には親子であるという情報は現時点でありません。

まったくの他人であるかもしれませんが、画像を見るとちょうど親子くらいの年頃かな?という印象も受けます。

SNSでは、増田立義園長の息子ではないか?といった声もささやかれているようです。



増田立義園長の母親や妻は?

増田立義園長の母親、そして妻はどのような方なのでしょうか?

調べてみたところ、現時点でまったくと言っていいほど情報がなく、同じ川崎幼稚園に勤務しているのかどうかという情報もありません。

川崎幼稚園は一族経営のようですから、何かしらの形で経営に携わっているのかもしれません。

まとめ

この記事では、増田立義園長の家族構成について父親や息子についてお届けしました。

増田立義園長の父親は、茶工場の経営だけでなく川崎幼稚園の初代理事長も務め、海軍兵学校出身の方。

息子については、川崎幼稚園の事務長であるのかは現時点で断定はできませんが、可能性という部分で考えると家族構成は3人ではないかと。

母親や妻に関する情報はなく、今後の進展次第では新たな情報も出てくるかもしれません。