俳優・女優

古川琴音の中国語が上手いワケは?実は英語や韓国語も得意だった?

ドラマ『この恋あたためますか』で李思涵(スーちゃん)役を演じている古川琴音さん。

そのスーちゃんとして話す中国語が、ネイティブ過ぎて上手いと話題になっています!

古川琴音さんは、2018年にデビューされたばかりの若手女優でもちろん日本人なのですが、なぜ話題になるほど中国語が上手いのでしょうか?

そして、噂では中国語だけでなく、英語や韓国語も得意なのではないかと・・・。

この記事では、

  • 古川琴音の中国語がネイティブすぎると話題に!
  • 古川琴音の中国語が上手いワケは?
  • 古川琴音は英語や韓国語も得意?

という部分についてお届けしていきますので、最後までお読みいただけたらと思います。



古川琴音の『恋あた』での中国語がネイティブ過ぎる(上手い)と話題に!


火曜10時に放送されている、人気ドラマ『この恋をあたためますか』。

その中で、ヒロインのルームシェアとして登場するのが、古川琴音さん演じる李思涵(リ・スーハン)です。

中国人役ということなので、もちろん中国語を話すシーンがあるのですが、古川琴音さんが演技で話す中国語があまりにネイティブ(自然)で上手いとネットで話題になっています。

スーちゃんこと、李思涵(リ スーハン)は、中国・北京出身という設定。

基本的には日本語で会話するのですが、第1話にほんの少しだけ、中国語を話すシーンが登場するんです。

スイーツ開発を任されてプレッシャーの中にいる樹木に対し、スーちゃんは

「チャンスを逃すともう来ない」

と中国語で語りかけて背中を押します。

このシーンが放送されるや否や、中国語が流暢すぎるとネットで話題沸騰! ツイッターには

「中国語めっちゃ上手やった」
「劇中で彼女が話す中国語が完璧で、ネイティブのそれにしか聞こえなかった」

といった意見が次々挙がり、絶賛する声が後を絶たなかったんです。

引用:exciteニュースより

 

古川琴音さんといえば、朝ドラ『エール』にも出演されている今注目の女優さんですが、第1話の「チャンスを逃すともう来ない」という一言で一気に話題を呼んでしまうのはスゴイですよね!

 

そして、やはりSNSでもその中国語は評価されている模様・・・。

 

 

そんな簡単に中国語がは話せるとは思えませんが、なぜ古川琴音さんは中国語が上手いのでしょうか?

そのワケが気になってしまいますよね!



古川琴音の中国語が上手いワケは?

古川琴音さんはなぜ中国語が上手いのか・・・そのワケについて調べてみると、どうやら大学時代に所属していた英語劇サークルが関係しているのではないかと。

古川琴音さんは中学・高校時代での演劇部所属に加え、大学では立教ESSドラマセミナーという英語劇サークルに所属されていたそうです。

その英語劇サークルでは、四大学英語劇大会という一橋・慶應・立教・早稲田の英語劇のコンテストにも出場していたとのことで、英語をはじめ古川琴音さん語学に強かったのではないかと思います。

 

仮に英語を習得していたとすれと、2ヵ国語目は習得しやすいとも言われていますから、可能性はありそうですよね!

もし中国語も話せるのであれば、日本語も加えてトリリンガルということに・・・。

 

中学から演劇に触れていたこと、そして語学も堪能となると、古川琴音さんの演技の幅はとてつもなく広いということになります。

古川琴音は英語や韓国語も得意って本当?


大学時代に英語劇サークルに所属していたことから、古川琴音さんは英語を得意としていたと思われます。

ただ、実は韓国語も話せるのでは?といった噂もあるようなんです。

というのも、ネットでは古川琴音さんに対して『韓国語』という言葉で検索されています。

 

実際に調べてみましたが、韓国語を話せるというような情報は見当たらず、ただの噂といったところだと思います。

なので、中国語も話せるなら韓国語も?といった感じで検索されたのではないかと・・・。

 

仮に韓国語が話せるとしても、英語や中国語に続いて韓国語まで勉強している時間はないと思いますし。

 

まとめ

今回は、古川琴音さんの中国語が上手いワケについてや、英語・韓国語の噂についてもお届けしました。

古川琴音さんには留学したという情報は今のところなく、大学時代に英語劇サークルに所属していたということから、中国語も話せるようになったのではないかと思います。

韓国語に対しては、あくまでも噂というくらいで、実際には韓国語まで勉強している時間はないのではと・・・。

高い演技力に加えて語学力もあるとすると、古川琴音さんのこの先の活躍とても楽しみにあなりますよね!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。