インフルエンサー

東谷義和のYouTube収入や年収額を考察!職業は元アパレル会社の社長でもあった!

最近ではYouTuberがよくニュースで取り上げられています。

YouTubeはジャンルも様々で、その収入は芸能人をも凌ぐともいわれているほど。

子供の憧れる職業ランキングにもYouTuberがランクインしており、市場もどんどん拡大しているようです。

そんなYouTuberの中でも、ここのところ凄く話題となっているのが東谷義和さん

運営するガーシーchは2月17日にチャンネル開設してはやくも登録者50万人を突破しているんだそう!

登録者50万人なら、きっと収入のほうも稼いでいるのではないでしょうか?

この記事では、

  • 東谷義和のYouTube収入はいくら?
  • 東谷義和の年収は?
  • 東谷義和の職業は元アパレル会社の社長でもあった!

という内容についてお届けしていきますので、最後まで読んでいただけると嬉しいです!




東谷義和のYouTube収入はいくら?

YouTubeといえば、やはり収入額といった部分がとても気になります。

しかも、人気チャンネルなら芸能人の年収すら上回るなんてことも言われているくらいですからより興味深いですよね。

東谷義和さんの運営するYouTubeチャンネル『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』は、2月17日にチャンネルを開設して登録者は3月8日時点でなんと51万人超え!

とてつもない勢いで登録者が増えているわけですが、それだけの人気チャンネルでということはYouTube収入も凄いはず!

私個人としても興味がある部分なので、ここでは東谷義和さんのYouTube収入がどのくらいか調べてみたいと思います。

まず、YouTubeの1再生あたりいくらなのか?という部分ですが、目安として1再生で0.1円というのがおおよその単価だと言われています。

YouTubeに動画を公開し、ユーザーに動画が視聴されることで表示されていた広告に応じて報酬が決定します。平均的な1再生あたりの報酬は0.1円と言われています。

なので10万回再生されてようやく1万円ということです。あくまで平均単価なので、0.1円よりもずっと高い単価のジャンルもありますし、反対に0.1円よりも安い単価のジャンルもあります。

引用:リチカタイムズより

ジャンルやユーザー層によって単価は上下はするようですし、幼児や子供向けのジャンルでは単価が安いとよく言われていますね。

そして、YouTube収入を大きく左右するのが再生回数です。

『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』では、これまで全12本の動画が公開されており、総再生回数はなんと2089万回再生!

動画1本あたり平均174万回再生という驚異的な再生回数を記録しています。

単価は1再生0.1円で計算してみると・・・東谷義和さんのYouTube収入は『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』だけでも208万9000円となります。

しかも、チャンネル開設してから1ヵ月未満ですよ?

YouTuberを目指す上ではとても夢がありますし、東谷義和さんの場合はサブチャンネルも運営されていますからYouTube収入はさらに上乗せのはず。

こうして改めてYouTubeの収入を見てみると、会社員で務めていることに疑問すら感じてしまいますね。

ですが、YouTubeの収益化ってとても大変だそうですからなかなか手が出せないのも事実ですが・・・。




東谷義和の年収額を考察!

YouTube収入が推定208万9000円という東谷義和さんですが、年収額ってどのくらいなのでしょうか?

まず現在の職業がYouTuberであることは間違いないと思いますので、YouTube収入から年収額(予想額)を計算すると208万9000円×12ヵ月=年収2506万8000円

これだけでもサラリーマンとは比較にならないほどの年収額ですし、それに比例して税金も凄そう・・・。

しかし、東谷義和さんはYouTubeの他にアルバイトもされているんだそう!

というのも、以前の動画で週6でアルバイトをしていると話しており、1日10時間以上も勤務されているなんていうことも。

アルバイトの内容までは分かっていませんが、その収入も合わせると年収3000万円近くなる可能性もあるかもしれません。




東谷義和の職業は元アパレル会社の社長でもあった!

現在はYouTuberであり、アルバイトもされているという東谷義和さんですが、実は以前にアパレル会社の社長でもあったそうなんです!

その会社というのが株式会社ever free

現在はすでに経営されていないようですが、株式会社ever freeはアパレルの他にも多数の事業を手掛けていたとのこと。

アパレル事業ではブランドQALB(カルブ)を手掛けていたそうで、以前は有名人がQALB(カルブ)の服を着た写真も公開されていたんだとか!

さらに元会社経営者だけでなく、東谷義和さん27年間に渡り芸能界のアテンドをされていたといいます。

芸能界でのアテンドとは、知人の芸能人や有名人などに女性を紹介することだそうで、東谷義和さんが芸能界に人脈が多いのもこのアテンドをされていたからなんだと思います。

まとめ

今回は東谷義和さんのYouTube収入や年収、さらに職業が元アパレル会社だったという内容についてお届けしました。

チャンネル登録者数50万人超えで総再生回数は2089万回再生、YouTube収入として計算すると208万9000円という高額でした。

年収額として考えても、2506万8000円くらいは予想されるのではないかと。

ただ、動画はこれからも増えていくと思いますので、YouTube収入はますます上がっていくと思います。