スポーツ選手

佐々木麟太郎(花巻東)のホームラン飛距離を動画で調査!筋肉画像や筋トレ内容も気になる!

高校野球のセンバツ大会が近づいてきました。

出場校の中には花巻東高校の名前もあり、1年生には注目のスラッガー佐々木麟太郎選手がいます。

佐々木麟太郎選手は高校通算56本のホームランを放っており、花巻東にとっては大谷翔平選手以来の超目玉選手です。

甲子園での活躍にも期待が高まりますが、気になるのは佐々木麟太郎選手が放つホームランの飛距離!

一体どのくらい飛ばすのでしょうか?

さらに、ホームラン量産を可能にする筋肉や筋トレ内容についても興味があります。

この記事では・・・

  • 花巻東の佐々木麟太郎が高校通算56号で大谷翔平に並んだ!
  • 佐々木麟太郎(花巻東)のホームラン飛距離を動画で調査!
  • 佐々木麟太郎(花巻東)の筋肉画像や筋トレ内容は?

といった内容についてお届けしていきますので、最後までお付き合いいただけると嬉しいです!




花巻東の佐々木麟太郎がホームラン高校通算56号!大谷翔平に並んだ!

花巻東高校といえば、あの大谷翔平選手を輩出した野球の名門校ですが、その花巻東にまたしても超目玉選手が!

それは、1年生ながらホームランを量産している佐々木麟太郎選手!

高校通算56号を放っている怪物スラッガーで、なんと大谷翔平選手が高校時代に記録した通算本塁打数に並んでいるとのこと。

記録に並んでいるというのも凄いですが、何よりまだ高校1年生というのが驚異的!

最近では、12日間で6本を放つなど間違いなく今後も注目となる選手だと思いますし、量産するそのパワーもとんでもないですよね。

有名選手の記録を見てみると・・・

  • 清宮幸太郎選手:111本
  • 中田翔選手:87本
  • 中村剛也選手:83本
  • 岡本和真:73本
  • 筒香嘉智選手:69本

高校通算のトップは清宮幸太郎選手の111本ですが、1年間で56本を放っている佐々木麟太郎選手はこのままのペースでいけば、歴代トップの記録を塗り替える可能性は高そう!

もしかすると150本超えもあるかも?

そんな注目の佐々木麟太郎選手ですが、ホームランではライナー性の当たりもあるそうで、飛距離がどのくらい飛ぶのか気になります。

そして、それを可能にする筋肉や筋トレ内容にも興味があります。




佐々木麟太郎(花巻東)のホームラン飛距離はどのくらい?動画で調査してみた!

ホームランといえば飛距離!

高校通算56本ものホームランを放つ佐々木麟太郎ですが、飛距離はどのくらい飛ばすのでしょうか?私としても凄く興味がありますので、実際のホームラン動画で飛距離を調査してみたいと思います。

こちらは神宮球場での広陵戦ですが、佐々木麟太郎選手はタイト方向に凄い当たりのホームランを放っています。

調べてみると、神宮球場の両横は97.5mだそう。動画ではライト方向中断手間あたりに放ったボールが落ちていますから、少なくとも飛距離は100メートル以上は出ているかと思います。

続いては神宮球場での國學院久我山戦ですが、佐々木麟太郎選手は今度は右中間やや右よりにホームランを放っています。

神宮球場のセンターは120m、さらにその中間は112.3mだそうなので、このホームランでの飛距離は110mくらいではないかと思います。

それだけなく、佐々木麟太郎選手はこれまでバックスクリーンにもホームランを放っていますので、少なくともこの時点で120mくらいは飛距離が出るのではないかと。しかも、それが会心の一発かは分かりませんので、もしかするとそれ以上飛ばす力を持っている可能性も・・・。

さらに調べてみると、3月9日に行われた履正社との練習試合で52本目のホームランを放っている佐々木麟太郎選手ですが、この時の推定飛距離はなんと約140メートル!

進化を見せたのは9日、履正社(大阪)との練習試合。52本目の本塁打は右翼ネットを高々と越え、グラウンド後方にある幹線道路まで飛んだ。

フルスイングで捉えた推定飛距離は約140メートル。リハビリの間、地道なトレーニングで蓄えたパワーを飛距離で見せつけた。

引用:Yahoo!ニュースより

推定ではありますが、佐々木麟太郎選手のホームラン飛距離は推定で140mも飛ぶんだそう!

練習試合なので球場はそんなに大きくはないと思いますが、それにしても高校一年生でこの場外140mの打球を飛ばすのには驚愕です。

高校3年生の頃にはどのくらいの飛距離が出るのか?という部分も凄く楽しみですよね!

佐々木麟太郎は中学校や小学校時代も凄い?シニアでの活躍や生徒会長だった過去も!大谷翔平選手の母校でもある花巻東高校ですが、とんでもない選手がまた現れました。 その名も佐々木麟太郎選手! 高校1年生ながら...




佐々木麟太郎(花巻東)の筋肉画像や筋トレ内容も気になる!

高校1年生ながら驚愕の飛距離を出す佐々木麟太郎選手ですが、それを可能にする筋肉ら筋トレ内容はどういったものなのでしょうか?

まずはどんな筋肉をしているのか?筋肉画像からチェックしてみたいと思います。

さすがに筋肉を披露している画像は見つかりませんでしたが、ユニフォーム越しでこの体系です・・・太ももの太さは凄いですし、この筋肉(下半身)が強い打球を打つためのポイントなのかもしれません。

打った後のフォームも綺麗ですね!

そして、この腕の太さ・・・。パワーがあるのが丸わかりです!身長183cmで体重は117kgだそうですから、体格も凄いですよね!

そして、気になるのがトレーニング内容ですが、小学生時代から毎日素振り300回を行っていたそうで、中学時代からは体感トレーニングに力をいれていたとのこと。

さらに、高校生になると食事の時にはお弁当1個では足りないため、3個食べたりお弁当の他に牛丼を買ったりもしていたんだとか!

体を大きくしたのはトレーニングだけでなく、食事の量も関係しているようです。

筋力トレーニングに関する詳しい情報は今のところ見当たりませんが、お父さんが花巻東野球部の監督をされており大谷選手の恩師でもありますから、専門的なサポートを受けているのではないかと。

ちなみに、豪快で見ていて気持ちがいいフォームは中学時代につくられたとのこと。あの高橋由伸さんからも指導を受けたということがあるそうですよ!

佐々木麟太郎の両親や兄弟は?妹も野球選手で父親は花巻東監督の佐々木洋!高校1年生ながらスラッガーとして注目されている佐々木麟太郎選手、その話題性ははやくもスカウト陣が目を光らせているほど。 花巻東高校...




関連記事

今回は佐々木麟太郎のホームラン飛距離や筋肉画像、筋トレ内容についてお届けしました。

コチラでは、おすすめ記事も紹介していますので、ぜひチェックしてみて下さい。