アーティスト

河村康輔の経歴まとめ!大学高校の出身や現在までの生い立ちにも迫ってみた!

人気作品とのコラボで知られ、人気番組『情熱大陸』でも取り上げられているのがコラージュアーティストの河村康輔さん。

国内だけでなく、海外でもギャラリーや個展を開くなど、その活躍には大きな注目が集まっているんです。

今回は、そんなコラージュアーティスト河村康輔さんがこれまでどのような道を歩んできたのか。

経歴や生い立ち、さらに出身大学や高校についても調査してみたいと思います。

  • 河村康輔のプロフィール
  • 河村康輔の経歴まとめ!現在までの生い立ちとは?
  • 河村康輔の出身大学や高校は?

という内容でお届けしていきますので、最後までお付き合いいただけると嬉しいです!



河村康輔のプロフィール

国内外で活躍し、コラージュアーティストとして世界から注目されている河村康輔さん。

まずはそんな河村康輔さんがどんな人物なのか、簡単なプロフィールからチェックしてみたいと思います。

プロフィール
  • 名前:河村康輔
  • 生年月日:1979年
  • 年齢:43歳
  • 出身地:広島県
  • 職業:コラージュアーティスト・グラフィックデザイナー・アートディレクター

河村康輔さんは、多数の素材を細かく分解し、別の作品に昇華させる技法『コラージュ』を得意としたコラージュアーティストです。

  • アディダス
  • ユニクロ
  • カシオ
  • 新世紀エヴァンゲリオン
  • 機動戦士ガンダム
  • AKIRA

といった有名ブランドや人気アニメとコラボしたアートワークを手がけており、アメリカ・スイス・ドイツ・フランスの美術館やギャラリーで個展も開催。

さらに、グラフィックデザイナーやアートディレクターとしても活動され、最近ではあの有名ブランドのユニクロのグラフィックTシャツブランド『UT』のクリエイティブ・ディレクターにも抜擢されているんです。

まさにカリスマデザイナーですよね!

メディアでも注目されていますから、今後の活躍にも目が離せません。



河村康輔の経歴まとめ!現在に至るまでの生い立ちとは?

世界的にも有名な河村康輔さんですが、そんなカリスマコラージュアーティストの経歴や生い立ちとは一体どのようなものだったのでしょうか。

経歴とこれまでの生い立ちについてまとめてみました。

出身の広島から上京

河村康輔さんの出身は広島県、現在は東京都に在住ですが上京を決意するきっかけとなったのは高校時代です。

当時から夜行バスに乗りハードコアのライブを見に東京に出てきていた河村康輔さんは、帰りのバスから見えた新宿西口のヨドバシカメラのネオンサインが目に入り『ああ絶対東京に来よう』と上京を決めたんだそう!

大都会にあるネオンサインというのがまさに青春という感じがしますが、いざ上京するとなった時に両親から言われた言葉は、

「学校に行かない限り上京資金は出せない。」

上京するのに資金は必要、そこで河村康輔さんはデザインの専門学校に進学するという進路を選んだそうです。

それまでは進学するつもりはなく、とにかく上京することだけを考えていたのかもしれません。

人生を変える出会いはPower Mac G3?

上京してデザインの専門学校に進んだ河村康輔さん、ある日友達の家で人生を変える出会いに遭遇。

その出会いというのが、蛍光色のPower MacのG3!

「友達の家に行ったら、蛍光色のPower MacのG3が置いてあったんですよ。初めて見るフォトショップとイラストレーターの機能をひと通り見せてもらいながら、めっちゃ感動したのを覚えています。丸とか四角を描いてもらっただけなんですけど(笑)。それで『もしかしてこのフォトショップってやつは、写真の合成とかできるの?』って聞いたら、『できるよ』って、ラフだけど2枚の写真を合成してくれて。パンクとかハードコアが好きで、コラージュにはずっと興味があったんで、『あ、俺がやりたいのはこれだ』と。それですぐに学費としてじいちゃんにもらったお金を握りしめて秋葉原にMacを買いに行ったんです。その日から、バイトの時間以外はひたすら写真を切り倒してコラージュを作っていましたね」

引用:POPEYEより

河村康輔さんのコラージュアーティストとしての原点はまさにPower Mac G3との出会い。

当時はコラージュ作りに没頭して、学校には通算で2回しか行かなかったそうですよ!

両親は2回しか学校に行かなかった過去を知っているのでしょうか。



22歳でデビュー!しかし・・・


手がけた作品を見せようと映像作家の宇川直宏さんと音楽家のEYヨさんが出演するイベントに参加した河村康輔さん。

しかし、タイミングがなく見せることができなかったんだそう。

仕方なく帰ろうかなと思ったその時、またしても運命の出会いが!

出口に雑誌で見たことがある人がベロベロに酔って立っていたんです。それが当時〈ヴァンダライズ〉をやっていた一之瀬弘法さん。〈ヴァンダライズ〉もトガってて大好きだったから、勇気を出して『こういうの作っているんで見てくれませんか?』って声をかけたんです。

引用:POPEYEより

作品を見た一之瀬弘法さんからは『ステッカー作りなよ。できたら事務所に遊び来て』と言われ、その後は原宿にある事務所に入り浸っていたとのこと。

実際に一之瀬弘法さんとの出会いから、ヴァンダライズのTシャツをデザインすることになったそうですよ!

帰る間際にまた新たな出会いというのもなんだか運命的な感じがしますね!

さらに当時、映画配給会社に務める友達の先輩がホラー専門レーベルを立ち上げ、河村康輔さんはそのチラシやジャケットを製作することに。

これが商業デビューとなり、当時22歳でした。

デビューから現在

商業デビューを果たした河村康輔さんですが、すぐに食べていけるというわけでなく、デビューしたては深夜のネットカフェでアルバイトもされていたといいます。

そんな時に河村康輔さんを支えてくれたのが、当時付き合っていた年上の彼女さん

「年上だったんだけど、一銭にもならないのに俺がいろいろ作品を作っているのを見て、『だったらバイト辞めなよ! 1年くらいだったら食わせるよ』って言ってくれて。そっから細かいデザインの仕事をいろいろやるようになったんです。ギャラリーデビューも同じ彼女がきっかけなんですよ。24くらいの頃かな、彼女の知り合いに、『今度グループ展をやるから参加しない?』って誘われたんです。それが今は〈Black Weirdos〉のデザイナーをしているマグドロン。『ただ、展示だから紙に出力じゃなくて一点ものにしてね』と言われて、当時はフォトショしか使えなかったから、作品データをシルクスクリーンにして、その版を売りました。そのオープニングでギャラリーの人とかと出会って。定期的に展示をやるようになったのはその頃からかな」

引用:POPEYEより

河村康輔さんがコラージュアーティストとして成功した裏側には、当時の彼女さんの存在が大きかったようです。

こうして経歴や生い立ちを見てみると、彼女さん以外にも様々な出会いが河村康輔さんの人生に影響を与えているように思います。

この先も更なる出会いが待っているんでしょうね!



河村康輔の出身大学や高校


広島県出身の河村康輔さんですが、高校や大学といった学歴はどうなっているのでしょうか。

調べてみると、出身高校については現時点で公表されていないようです。

ただ、高校時代は広島から東京へライブを見に行っていたとのことですから、広島県内の高校である可能性は高いと思います。

そして、大学については高校卒業後はデザインの専門学校に進学されていることから、大学へは進学されていないのではないかと。

専門学校については代々木にある学校だそうで、代々木となると東京スクール・オブ・ビジネスという学校である可能性がありそう。

学生時代についての情報もほとんどありませんが、河村康輔さんはカリスマともいえるコラージュアーティストですから、きっと学生時代も色濃いものだったのではないでしょうか。

まとめ

今回は、コラージュアーティスト河村康輔さんの経歴や生い立ち、さらに出身の大学高校についてお届けしました。

河村康輔さんの経歴や生い立ちは様々な人と出会ったことで、大きく変わっていったように思います。

そして、これだ!と思った時に突き進むカリスマ的な感性も凄いですよね!

今後のさらなる活躍にも目が離せません。