有名人

金尾祐之医師の学歴&経歴まとめ!出身の高校大学や偏差値についても調査!

全国一の実力を誇ると言われているのが、がん研有明病院の婦人科チーム。

そして、その婦人科チームを率いるのが金尾祐之医師です。

2月27日の情熱大陸では、金尾祐之医師をはじめとするがん研有明病院の婦人科チームが取り上げられます。

情熱大陸に取り上げられるほどですから、金尾祐之医師が凄腕であるのは間違いなさそう!

今回は、そんな金尾祐之医師がどういった学歴や経歴の持ち主なのか?という点に注目してみたいと思います。

この記事では、

  • 金尾祐之医師のプロフィール
  • 金尾祐之医師の学歴と偏差は?
  • 金尾祐之医師の経歴まとめ!

といった内容についてお届けしていきますので、最後まで読んでいただけると嬉しいです!




金尾祐之医師のプロフィールをチェック!

がん研有明病院に務める金尾祐之医師、まずは簡単なプロフィールからチェックしてみたいと思います。

プロフィール
  • 名前:金尾祐之(かなお ひろゆき)
  • 生年月日:1971年
  • 出身地:香川県高松市
  • 職業:医師
  • 在籍:がん研有明病院 婦人科部長

金尾祐之医師は、東京都江東区にあるがん研有明病院に務める婦人科医です。

これまで多くの腹腔鏡手術を行い、その腕前を大学病院などの婦人科で腹腔鏡手術指導をされています。

さらに名医としての腕前だけでなく、患者さんからは・・・

  • 迅速な検査や診断
  • 丁寧な説明

といった部分でも評判で、総合的に信頼されている医師なんだそうです!

他の病院では手術不可能と言われた患者さんが金尾祐之医師を頼るケースも多く、『最後の砦』と称されているとのこと。

名医というと腕前はさておき、近づきがたい感じがしますが金尾祐之医師の場合は『思い切って診て頂いて本当に良かった』という患者さんからの声もあるくらいですから、とても親切に向き合ってくれるのでしょうね。

なにせ情熱大陸で取り上げられるくらいの方なので、真の名医なのだと思います。




金尾祐之医師の学歴と偏差値は?

有名医師といえば、出身の高校大学といった学歴が気になりますよね!

金尾祐之医師はどのような学歴をお持ちなのでしょうか?

まず出身大学についてですが、金尾祐之医師は大阪大学医学部の出身偏差値はなんと70という驚きの数字!

やはり大学も有名大学医学部の出身だったわけですが、育った広島県ではなく大阪の大学へ進んだということはお父さんも大阪大学医学部の出身という可能性もありますね。

大阪大学医学部の卒業生には、

  • ソニー創業者の盛田昭夫さん
  • パナソニック会長の津賀一宏さん
  • 川崎重工業社長の金花芳則さん
  • 沢井製薬社長の澤井光郎

など、医療関係の方を除いても数多くの大手企業役員が名を連ねていますが、私も調べながらに凄い方たちばかりで手が震えてくるほど!

続いて高校ですが、金尾祐之医師の出身高校については情報がなく、おそらく福山市で育ったということから広島県内の高校ではないか?と思います。

広島県内の高校で偏差値上位の学校は、

  • 広島大学附属福山高等学校 偏差値75
  • 広島大学附属高等学校 偏差値74
  • 修道高等学校 偏差値70
  • 如水館高等学校 偏差値69
  • 広島市立基町高等学校 偏差値69

といったベスト5になるのですが、広島大学附属福山高校と広島大学附属高校に2校は広島大学の付属校ということで、大阪大学に進学した金尾祐之医師に出身校としては可能性は低そう。

なので、修道高校・如水館高校・広島市立基町高校の3校あたりではないかと私的には思います。

そして少なくとも、金尾祐之医師は偏差値70の大阪大学医学部に進学されているわけですから、高校も難関校であるのは間違いないかと。




金尾祐之医師の経歴まとめ!

情熱大陸で取り上げられるという点を差し置いても、金尾祐之医師はその界隈では相当有名な医師であることは間違いないと思います。

それだけの名医ということであれば、金尾祐之医師の経歴という部分も気になります。

私としても興味がある部分なので、実際に見ていきたいと思います!

金尾祐之医師は香川県高松市生まれですが、自身が育ったのは広島県の福山市なんだそうです。

医師を目指したのは父親の影響からだったのことで、おそらくお父さんも産科医や婦人科医だったのではないかと思います。

経歴をザッとまとめてみると、

  • 1997年3月 大阪大学医学部を卒業
  • 1997年4月 大阪大学医学部産婦人科教室へ入局
  • 1997年4月~1998年5月 大阪大学産婦人科教室 研修医
  • 1998年6月~2000年5月 大阪労災病院産婦人科
  • 2000年6月~2003年3月 大阪大学産婦人科
  • 2003年4月~2004年3月 大阪大学産婦人科 助手
  • 2004年4月~2014年9月 倉敷成人病センター 産婦人科
  • 2014年10月 がん研有明病院 婦人科医長
  • 2016年9月~2020年6月 がん研有明病院 婦人科副部長
  • 2020年7月 現職 がん研有明病院 婦人科部長

医学部卒業後は産婦人科医助手として在籍されていたそうですが、その後婦人科医に転身。

腹腔鏡手術を10年学び、がん研有明病院の婦人科副部長を経て現在の婦人科部長に抜擢されています。

経歴から金尾祐之医師は様々な経験をされているように思いますし、会社員の私からするととても輝かしい経歴です。

現在は婦人科の部長を務めているということですから、年収も3000万円くらいは余裕であるのではないでしょうか。

さいごに

今回はがん研有明病院の金尾祐之医師について、学歴や経歴に注目してお届けしました。

出身高校に関しては分からなかったものの、金尾祐之医師の出身大学や経歴はとても輝かしいものだと感じました。

お父さんの影響で意思を目指したとのことなので、ひょっとするとお父さんも凄腕の医師だったりするのかもしれませんね!