スポーツ選手

杉本幸祐の出身高校や大学は?wikiプロフから経歴についても総まとめ!

杉本幸祐選手は、フリースタイルスキー・モーグルの北京オリンピック代表です。

モーグルでは、堀島行真選手や原大智選手などメダル候補の選手がそろい、杉本幸祐選手も注目されるひとり!

そんな杉本幸祐選手ですが、実は出身高校や大学といった出身高校はあまり知られていないようです。

高校や大学の出身はどこなのでしょうか?

そして、wikiプロフィールからこれまでの経歴についてもチェックしてみたいと思います。

この記事では、

  • 杉本幸祐のwikiプロフィール
  • 杉本幸祐のこれまでの経歴
  • 杉本幸祐の出身高校
  • 杉本幸祐の出身大学

といった内容についてお届けしていきますので、最後まで読んでいただけると嬉しいです!



杉本幸祐のwikiプロフィールをチェック!


オリンピックでの躍動が期待される杉本幸祐、まずはプロフィールからチェックしてみたいと思います。

プロフィール
  • 名前:杉本幸祐(すぎもと こうすけ)
  • 生年月日:1994年12月2日
  • 年齢:27歳(2022年2月時点)
  • 出身地:静岡県
  • 身長:174cm
  • 所属:デイリーはやしや

杉本幸祐選手は、長野県にある食品製造会社に所属しながら日々スキーの練習に汗を流しています。

スキーの他にも幼少期の頃から水泳や野球、空手を習っており、その身体能力は高いとのこと。

モーグル選手としては遅咲きといわれる27歳ですが、今シーズンはW杯3位に輝き今勢いのある選手です。

オリンピックの演技には、幼少期に所属していた少年野球の監督など多くの方から声援が集まっており、世界最高の舞台でメダルを目指しています。

杉本幸祐の経歴を総まとめ!

杉本幸祐選手は、静岡県の袋井市出身です。

袋井市といえば浜松市から磐田市を挟んだ東に位置する街で、冬でも雪が積もることはあまりない地域。

そんな環境で生まれた杉本幸祐選手がスキーを初めてすべったのが小学2年生のときです。

山梨県のスキーに行った際に、子供ながらにターンしながらすべり降りていたそう。

それを見ていたインストラクターから本格的にスキーを習うことを薦められ、中学1年生の夏にスキーに適した環境に身を置くため、なんと家族で長野県に移住!

本格的に競技人生を送り始めたんです。

家族は4人ですが、全員で移住するという決断はなかなかできるものではありせんし、それだけ杉本幸祐選手をサポートするという暖かさも感じます。

しかし、雪国出身の選手との経験の差が大きく2014年のソチオリンピックには出場できず、2018年の平昌オリンピックでも代表には届きませんでした。

競技自体を諦めてしまいそうな状況でしたが、杉本幸祐選手は決して諦めずアスリートの基礎から見直したとのこと。

小学野球時代の監督いわく、

「昔から目標を持ってこつこつ頑張る子だった。(五輪では)自分の納得がいくパフォーマンスを発揮してほしい」

とも語っています。

そしてついに北京オリンピック代表に選ばれ、今シーズンのW杯でも3位!

人一倍苦労をされてきたに違いない杉本幸祐選手ですが、その経歴が今の原動力になっているのでしょう!

オリンピックでは、ぜひメダルを獲得してほしいですね!




杉本幸祐は出身中学校について

杉本幸祐選手は、中学校1年生の夏に家族で長野県に移住されています。

移住といういう事は学校も転校されたわけですが、杉本幸祐選手は長野県の大町市立仁科台中学校に転入されました。

大町市立仁科台中学校は、バトミントンの奥原希望選手やパラパラ漫画で知られる鉄拳さんの出身校でも知られる学校なんですよ!

もともと杉本幸祐選手は静岡県の袋井市の出身ですから雪の多い長野県とは環境もガラッと変わったでしょうし、慣れるまでは苦労されたのではないかと思います。

本格的に競技に打ち込むのは移住したこの頃からで、当時は中学生ながらSAJ(全日本スキー連盟)B級公認大会に出場されていたそうです。

杉本幸祐の出身高校はどこ?

大町市立仁科台中学校を卒業後、杉本幸祐選手は長野県大町北高等学校に進学!

ただ、大町北高校は2016年に大町高校との統合により閉校していて、現在は大町岳陽高等学校となっています。

偏差値を調べてみたところ、55~60と長野県でも比較的上位に位置する公立校であることも分かりました。

スキーの練習が忙しいにも関わらず、杉本幸祐選手は勉強もできたようですね!

高校時代は新潟県松之山のA級大会で初優勝を飾り、さらに全日本メンバーに選ばれて海外も経験されています。

高校生といえば勉強や遊びに忙しい時期ですが、杉本幸祐選手は友達と遊ぶ時間を練習に費やしていたとのこと。

もちろん恋愛をする暇もなかったと思います。

だからこそ、A級大会の優勝や全日本メンバーにも選ばれたのでしょうし、現在の活躍にも繋がっているに違いありませんね。




杉本幸祐の出身大学はどこ?

大町北高等学校(現在の大町岳陽高等学校)を卒業後、杉本幸祐選手は長野県の松本大学に進学されています。

松本大学は私立の大学で、学部には人間健康学部スポーツ健康学科があります。

練習との両立を考えると、杉本幸祐選手は人間健康学部スポーツ健康学科を専攻されたのではないかと思います。

松本大学に進学する際に他の名門大学も検討されたそうですが、

  • 長野に残っていた方が雪あって練習できる
  • 片道30分をロードバイクでトレーニングできる

といった理由から松本大学を選んだとのこと。

私日常生活の中でもトレーニングを組み込む姿勢や考え方は本当にすごいですし、やはりプロだなと思います。

まとめ

今回は杉本幸祐選手の出身校や大学をはじめ、wikiプロフから経歴についてもお届けしました。

改めて出身高をまとめると、

出身校まとめ
  • 出身中学校:大町市立仁科台中学校
  • 出身高校:大町北高等学校(現在の大町岳陽高等学校)
  • 出身大学:松本大学(人間健康学部スポーツ健康学科)

雪とはほとんど無縁の袋井市から、家族で長野県に移住された杉本幸祐選手。

家族の理解や相当な覚悟があったと思いますが、見事にオリンピック代表選手にも選ばれています。

北京オリンピックでの活躍に注目したいと思います。